ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達に住む > 「伊達に住む」第4回  文化を活かしたまちづくり
北海道で一番住んでみたい街
「伊達に住む」
文化を活かしたまちづくり



 暮らしやすい街として注目を集め、道内外より移住先として人気の伊達市。移住を考えていらっしゃる方に関心の高いのが、移住先での日々の暮らし。
 物や情報があふれる中で、本当の豊かさとは、自然環境と心が豊かになる日々の暮らしなのではないでしょうか。
 地域の文化に学び、新たな生き甲斐と出会い、地域ととけ込んで暮らしだせる、また地方にいながら上質の芸術に触れることができる環境をつくる、そんな仕掛けを次々と生み出している「伊達市噴火湾文化研究所」の取り組みを紹介します。 
 ■伊達市噴火湾文化研究所 http://www.funkawan.net/index.html


市立のまちづくり研究所



 噴火湾文化研究所は、噴火湾をめぐる自然や文化を研究し、その成果をまちづくりに活用していこうと考える、全国でも珍しいコンセプトの研究所。伊達市には国の史跡黄金貝塚公園や、明治の開拓の歴史を伝える記念館があります。研究所では、これらの文化財をお蔵入りにせず、まちづくりの素材として活用しようと「文化財ボランティア」団体を設立し、これまで多くの市民が参加活動しています。
 また2006年からは「だて噴火湾アートビレッジ構想」を立ち上げ、芸術、文化を推進することで、文化に関わる人材育成と、心豊かに暮らせる環境を生み出そうという取り組みを展開しています。

ボランティアで活躍する移住者たち

 噴火湾文化研究所が提供する文化財のボランティアグループは4つ。史跡等の解説や、植樹等活動内容はさまざまです。
「会員の中には移住されてきた方が多く、地元の人にはない違った目線で伊達のことを見ています。またこの活動自体が、皆さんの”生き甲斐”になっているようで、これは予期していなかった効果です。ボランティアの環境を整え、より多くの人が協働で作業できる環境を整えること、それ自体がまちづくりだと考えています」と大島直行研究所長は話されています。

 ■北のスロウライフ特集 ユニーク!市立のまちづくり研究所「ボランティアでまちづくり」




だて噴火湾アートビレッジ構想

 同研究所が力をいれて推進しているのが「だて噴火湾アートビレッジ構想」。これは、美術、音楽、文学などの様々な分野で、高い水準のマスタークラスを設置し伊達より世界にはばたく人材を育てようというもの。併せて多くの市民に質の高い芸術にふれる機会を提供しようとするものです。


 伊達市の豊かな自然環境や温暖な気候条件は、生活の場としてだけでなく芸術制作の場としても魅力的。実際、伊達近辺にアトリエを構える画家や、執筆先として伊達に長期滞在される作家もいます。(写真は研究所内絵画塾のアトリエ)
 この構想は伊達にアトリエを構える画家の野田弘志氏、大薮雅孝氏のアイデアより実現。お二人が指導する小中学生を対象とする「絵画セミナー」よりはじまり、現在では以下のような多岐にわたった活動が展開されています。
だて噴火湾アートビレッジ構想
●人材育成
美術部門 絵画教室「野田・永山塾」 (2006〜)
音楽部門 岩崎淑ピアノマスタークラス
●普及活動
美術部門 画伯にチャレンジ (2002〜)
文学部門 加賀乙彦 高橋睦郎 文学フォーラム(2007〜)
 これら活動は、伊達市のほか、地元の企業や個人がお金やアイデアを出し合って進められています。


地方でも本物の芸術にふれる機会を




 2007年には、この構想をもとに数々のイベントが行われました。
 子ども達に本物の芸術に触れられる環境を整えたい、という野田氏の強い働きかけで、伊達市への委託された「シャーマンコレクション」の展示会が開かれました。同時に「おおたき北海道陶芸展」の歴代入賞作が展示、また大滝地区では、市内在住で昨年北海道文化賞に選ばれた野本醇氏の絵画展が開かれました。巡回バスを走らせ、多くの市民が素晴らしい芸術にふれることができました。
このほかにも、音楽部門の講師、岩崎洸・岩崎淑氏によるピアノ&チェロリサイタルが、また文学部門では作家の加賀乙彦氏と詩人の高橋睦郎氏による文学フォーラムが開催されるなど、伊達にいながら、上質の芸術にふれる機会が数多くつくられました。

 ■横浜から移住されてきた池田武史さんが綴る「伊達暮らし」22「文化を育む シャーマンコレクション・陶芸展より」


美術好きにはたまらない絵画講座も




また、日本を代表する写実画家でだて噴火湾アートビレッジ芸術監督である野田弘志氏による、市民への美術講座が話題となりました。絵画の見方や歴史などが語られた「フェルメールの世界」「レオナルド・ダ・ヴィンチの世界」には多くの美術ファンが集まりました。
 これらの取り組みはすべて「地域の文化度をあげる試み」なんだと話されるのは大島直行所長。「自然環境が良い伊達に移り住み、快適な生活ができても、ここで、充実した人生をおくるために不可欠なのは豊かな文化、芸術です。伊達でいかに心豊かに暮らせるか、そこに知恵をしぼりたい」と熱く語っています。

新しい風を受け入れて

 伊達の良さを認め移住してきた芸術家が主導となり、地元とともに新しい動きをつくり出す。外部からの力を排除するのではなく、新しい風を受け入れ共に新たな文化を生み出していこうとする。
 人口3万7千人。このような取り組みが実際に行われ、少しずつ地域が変わっていっていることをだれもが感じられるのも、地方の小さな街ならでは。

 「住んでみたい街」から「住み続けたい街」へ。伊達市噴火湾文化研究所の、多くの移住者を新しい風として受け入れた、地域をまきこんだ試みはこれからも続きます。

誕生!人気の住宅地「田園せきない」



 伊達市に新しい住宅地が誕生します。伊達市認定の優良田園住宅として造成が進む「田園せきない」は、地域に根ざした文化が息づく伊達市関内(せきない)地区にあります。
 この地区に伝わる仙台神楽は、伊達市の無形民俗文化財。この保存に取り組んできた仙台神楽保存会は平成19年度道文化財保護功労賞を受賞しました。
「田園せきない」は、2007年10月に販売開始され、売り出しから2ヶ月で半数の販売予約となる人気を呼んでいます。12月中旬に伊達市の移住の取り組みがテレビで全国放映されたこともあり、その後3組の申込があり、そのうち2組は道外からのお申し込みでした。現在、予約申込は半数を超え53区画中、28区画となっています。

 ■田園せきない http://sekinai.kitanoslowlife.com/

 ■伊達に住む第3回 注目の優良田園住宅「田園せきない」

 伊達市では、移住を考えられる方のためのサポートに力を入れています。冬の暮らしが心配、という方のために、伊達市「住んでみたいまちづくり課」では、冬季のお試し暮らしも提供しています。 
   ■伊達市役所「住んでみたいまちづくり課」中長期滞在

伊達に住む 伊達市のご紹介 伊達移住者の体験記


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC