ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達に住む > 「伊達に住む」第3回  田園せきない

北海道で一番住んでみたい街
「伊達に住む」
注目の優良田園住宅「田園せきない」


伊達市認定の優良田園住宅



 暮らしやすい街として注目を集め、道内外より移住先として人気の伊達市に、このほど新たな住宅地「田園せきない」が生まれます。
 「田園せきない」は、国の優良田園住宅促進法に基づいた、伊達市認定の優良田園住宅建設事業 で、現在宅地造成が進められています。事業主体は「伊達市建設事業協同組合」、組合傘下の建設事業者(12社)と建築請負契約を交わす事を条件に今年10月より受付を開始し、造成工事完了は来年4月末の予定です。伊達に住む第3回は、人気の田園せきないの魅力をお伝えします。
■田園せきない http://sekinai.kitano-slowlife.com/

優良田園住宅とは
 優良田園住宅事業とは、過疎化が進む農村地域を、景観を損なうことのない住宅地として開発し農村地域の活性化を進めようとする国の事業です。優良田園住宅は農山村地域に所在する一戸建て、敷地面積300平方メートル以上、建ぺい率30%以下、容積率50%以下、建物は3階建て以下という基準を満たすものをいいます。
「優良田園住宅」(優田)とは何ですか? http://www.kitano-slowlife.jp/faq/?S=5
「優良田園住宅」国土交通省住宅 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/denen/yhome.html


伊達市内でも随一の眺望



 ある晴れわたった初冬の一日、造成現場を訪れました。
 市内中心地より高速道の高架をくぐりしばらくすると、急に視界が開け畑が広がるゆるやかな丘陵地帯にでます。広がる畑の向こうにそびえる有珠山と昭和新山、その奥には真っ白の羊蹄山が臨めます。
 田園せきない造成地を少し超え丘のほうに車を走らせ振り返ると、銀色に光る噴火湾。ここは伊達市内でも随一の景色のいいところ。海に沈む夕陽はまた格別です。



 
 造成現場を横切って、宅地に接する小さな小川の河川林に近づくと、にぎやかな鳥のさえずりが聞こえてきます。思わず見上げると、葉を落とした白樺の枝々にいろんなサイズの小鳥達。林の向こうは伊達市のパークゴルフ場。ここは緑豊かな林間コースとして市民に愛されています。分譲地の道路を挟んですぐ向こうは市民農園。「田園せきない」に住むことで、あこがれだった田舎暮らしが実現できそうです。


異例の人気 募集開始2ヶ月で半数予約済み



 移住に力を入れ、『環境と文化』を軸としたまちづくりを進める伊達市では、この国の基準に基づいた伊達市独自の優良田園住宅の開発計画を進めてきました。「伊達建設事業協同組合」による、伊達市第1号の優良田園住宅「田園せきない」販売が10月に開始され、売り出しから2ヶ月で半数の販売予約となる人気振りです。希望者は、定年以降の年代以外にも子育て世代の若い夫婦も。エリアは市内、道内、道外、さらに海外からと様々です。


人気の秘密は自然環境と都市機能


「自然環境の豊かな地域で、ガーデニングや家庭菜園を楽しみながらゆったりと暮らしたい」、「田舎暮らしにはあこがれるけれども、最低限度の都市機能が必要」「田舎に引っ越した場合、医療福祉機関などのアクセスに不安がある」
 伊達の中心市街地から車で10分ほどの立地。福祉の先進地でどんな人も暮らしやすい街をつくるウェルシーランド構想を進める伊達市の「田園せきない」は、こんな方に待望の住宅地です。
 区画が直線的な基盤の目のようでなく、カーブを描く道路や豊富な緑地帯、遊歩道など優良田園住宅ならではのゆったりとした環境も人気。さらに市内宅地の半分位の坪単価(平均37,000円)とした為、140坪の土地は520万円程度、30坪の建築費は1650万円程度、土地建物合わせると総額2200万円弱となり、長年都市で暮らしてきた方にとっては魅力の低価格のようです。

田園せきないまちづくり協定

 景観と調和した町並みをつくるため、「田園せきないまちづくり協定」があります。区域内の建築物や、樹木の保全や緑化の基準を定め、美しい自然と人間の融和をはかります。

美しい家並みは協定から


「田園せきない」の建築物は北海道が推奨する北方型住宅基準に準ずるものとし、車庫や物置などは建物組み込み(独立型のものは住宅に準ずる仕上げを基本とする)、プレハブなどの既製品の車庫、物置(カーポートは除く)の設置はしない。また建築物から前面道路までの距離は緑化ゾーンも含め2メートル以上とします。

北方型住宅 http://sekinai.kitano-slowlife.com/hoppou.htm#hoppou
田園せきないまちづくり協定 http://sekinai.kitano-slowlife.com/hoppou.htm

宅地内に豊かな緑化ゾーン


 田園風景との調和をはかるための緑化地帯が設けられ、住宅の中をぬう歩行者専用の遊歩道が配置されます。宅地内の道路は、車がスピードを出しにくくするためゆるやかなカーブを描き、有機的な空間を生み出します。道路と歩道の間にはグリーンベルトが設けられ、安全で閑静な居住環境がつくられます。


建築10年後の買い取り保証サービス

 田園せきないまちづくり協定により、道の北方型住宅基準に基づくなど住宅の品質が保証されているからこそできるサービスとして、建築10年後の買い取り保証があります。組合加盟の建設会社と地元の情報サービス会社との5社が設立した合同会社「ウェルサポート」が、原則として築10年、契約者が70歳以上を目処に時価評価額で買い取るという、高年齢者にとってはうれしいサービスが実現しました。

 伊達市関内(せきない)地区は、市内でも古くから開拓に入った人たちが住む地域。明治初期、仙台藩亘理からの移住者により伝えられた「伊達仙台神楽」の継承地域として知られています。保存会をつくり、関内小の子ども達に横笛、太鼓などの伴奏、舞を指導し後世へ伝えています。また関内小学校は英語教育など特色ある教育を打ち出したこの地域の特認校。校区外からも子どもが通っている小さな学校です。
 今後「田園せきない」に住む新たな人々と、地元の方との交流も楽しみですね。

 ■田園せきない http://sekinai.kitano-slowlife.com/

伊達に住む 伊達市のご紹介 きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC