ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達移住者の体験記 > 伊達暮らし64 北海道観光部長
 伊達市に移住をされた方に、日々の様子を綴っていただくコーナー。

北海道旅行を考えている方は必読!

09-3-27
北海道観光部長を任じている。
会社時代の友人は、山形県生まれだが九州に18年も赴任したので、すっかり九州に詳しくなり“九州観光部長”を任じていた。以前彼に案内してもらった九州の旅は名ガイドで選りすぐりの場所を巡ってくれた。
わたしも多少北海道については知るようになったので、道外のメンバーに対しては
“北海道観光部長”を任じている。
北海道旅行を考えている人に、コースや見るべきところ、泊まる所などのアドバイスも若干できる。
北海道への旅行計画を作る時、例えばこんな考え方もできる。

◆ 2泊3日とか3泊4日くらいの北海道パックツアーがあるかと思います。
時期によってはかなり割安になります。
 このパックツアーをとり、宿泊を間延びさせます。
 例えば、2泊3日のツアーを2泊5日にしてもらいます。
 2泊分は行きたいところ、例えば富良野だとか小樽だとか札幌だとかに泊まり、後2泊は例えば知り合いの家に寄り、5日目の便で戻るというプランに改造します。
改造しても基本料金のままです。
旅行社によってはこのような形にアレンジできます。
 北海道の行きたいところを巡り、ついでに知り合いのところに寄るというときにはいい形です。
 今後の旅行プランを立てる際の参考までに。
 全てのツアーが対応しているかどうかは分かりませんので、旅行社に聞いてみてください。

道外の人から見ると、北海道は広々とした大地や豊かな自然の景観、海山の新鮮な食材など魅力ある観光地である。ちょっと前のデータであるが、観光地北海道をみてみると、

◆ 北海道の観光産業
北海道の観光の消費額というのは大きい。2005年のデータだが、1兆3000億円である。この額を他の産業と比較すると、農業が約1兆円、水産業が3000億円弱なので、
北海道の観光産業は農業と水産業を合わせた額を稼ぎ出している最大の産業といえる。
ちなみに観光産業の内訳を並べると、
最大のものは、買い物---デパートや空港でのおみやげなど、3551億円、
2番目が交通費 3027億円、3番目が宿泊費 2386億円などとなる。
観光客の人数をみてみると、2006年のデータだが、
道外、海外から、659万人。うち外国人が59万人、台湾、韓国、香港、オーストラリア、中国の順である。
この年の北海道内の人の道内観光延べ人数は4250万人となっている。

北海道の宿泊施設の満足度は決して高くない。食事や部屋やサービスの状況などの項目があるが総合評価では34位と低迷している。ちなみに1位は大分だそうだ。
満足度は期待に対しての実現の状況と定義される。

満足度=実現度/期待度

北海道は、海山の美味しいものがいっぱいある土地だという期待度が高いが、実際のパックツアーはかなり価格が抑えられて、北海道の平均客単価は10767円と全国平均
13775円よりかなり低い。このため各宿泊施設の使える食材原価が低くなり、お客様に満足してもらえる食事が提供されていない。
みなさん残念ながらおいしい物を食べるには、それ相応のお金を払う必要がありそうです。
これを解消していくには、やっぱり平均客単価を上げる努力をして行くしかないのだろう。
大分はきっと湯布院や別府などの温泉施設などがあるレベルの高級感を保って、客単価を
高値維持しているのだろう。


北海道は広い。面積で四国の4倍弱あるので、四国並みに県に分割すれば、12,3個の県があってもおかしくない広さだ。
石狩、後志、檜山、渡島、胆振、日高、空知、上川、十勝、釧路、根室、網走、宗谷、留萌と現在14支庁があり、1つづつが県の単位の面積を有している。山地などで仕切られていることもあり、天気予報も支庁の単位で扱われる。

余談ながら、
北海道はこれだけの大きな地域を運営してきたノウハウがあるはずだから、「道州制」の議論などではオピニオンリーダーになって欲しい。
ところが2月に開かれた「道州制シンポジウム」で国の道州制ビジョン懇談会の江口克彦座長から「北海道には自主独立の気概がない。


もっと道州制をリードして欲しい。」とはっぱをかけられた。高橋はるみ知事や道側の近藤会長は「そんなことはない。やることはやっている。」と反発したり、道経済同友会の代表幹事からは
「道は気概がないと言われるが、中央の役人こそ中央集権的議論ばかりだ。」と知事への援護射撃が飛び出したりした。
どうも外からは、北海道からの積極的な発言が足りないように見られがちのようである。
これは一般論だが(差し障りのある向きにはごめんなさいだが)、明治の開拓使の時代から計画は中央が作り、地元は実施するだけというパターンが多く、自ら考え抜いていくという訓練が成されていないようだ。多くの若い人材も大学を卒業するとほとんど本州に就職してしまうし。

閑話休題、
この広い北海道を一回の旅行で全て見て回るというのは、普通は無理だ。
道南、道央、道北、道東などと地域を分けての観光が順当であろう。
道内に住む者でも比較的自分の近くの場所は巡るが、北海道内の遠い地域にはしょっちゅう行けるものではない。伊達に住むわれわれでも道北や道東地域は遠く感じる。天気予報を聞いてても、自分の地域とまるで違う所だ、という感じである。北海道でも、日本海側、オホーツク海側、太平洋側では随分と気候が異なる。


わたしたちも2年近く伊達に住んでいるのでもう旅人ではなく北海道住民である。当たり前だが、自分の住む地域をよく歩き回っている。「住めば都」だと思うが、じっくり自分の住む周りを体感してくると段々深堀が始まる。今後は洞爺湖周辺、有珠山の周り、大滝地区、室蘭の海岸線、地球岬の周辺など巡って、自分の目で「ああいいな。心休まるなあ。」という場所(季節と抱き合わせだと思うが)を自分地図に増やして行きたいと思う。この集積が、我が“北海道観光部長”としての財産であり、ノウハウ
であり、ここを訪れてくれる方に対して自信を持ってお奨めできる北海道、伊達近辺の名所だと思う。

◆我流お奨めおみやげ
・ 六花亭 マルセイ バターサンド
・ 北菓楼 バウムクーヘン、開拓おかき
・ 石屋製菓 白い恋人
・ 柳月   ボンヌ
・ 牧家 白いプリン  地元伊達の宣伝
・ 花畑牧場の生キャラメル 札幌 大丸の地下
1Fに大行列ができて、なかなか買えません!
・ きのとや ミルククッキー「札幌農学校」

◆参考資料
「北海道の将来を展望(デザイン)する」北海学園大学経済学部 コープさっぽろ寄附講座完全収録
ヒロ中田氏 ?潟潟Nルート北海道じゃらん 編集長
講演資料
伊達に住む 滞在メニュー 伊達移住者の体験記


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC