ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達移住者の体験記 > 伊達暮らし48 星空
 伊達市に移住をされた方に、日々の様子を綴っていただくコーナー。

 横浜から移住された池田武史さん。
 今回は伊達市の開拓当時のおもかげをもつ歴史の杜の小さなお社についてです。



北海道に来てから星空をよく見ているように思う。

以前の梅本町の家でも玄関を出て星空を仰いだことが何回もあった。夜、歴史の杜公園に行けばもっとよく見えるかと思い、出かけると意外に公園の中の街灯が明るく、家のそばの方がよく見えたという経験もあった。

女房と真夜中に見晴らしの丘まで車で行き、満天の星空を仰いだこともあった。

同じく見晴らしの丘に深夜出かけて、星の写真撮りにチャレンジしたが、うまくは撮れなかった。段々と未明にかけて東の空が薄っすら明らんできて紋別岳の山影が目立ってくるのを、車の中で見ていたこともあった。

今度の末永町の家も玄関灯を消して庭先に出ると星空がよく見える。


札幌のような都会を除けば、北海道は高い建物も少なく、ネオンやビルの明かりなどが少ないから星空がよく見える。子供の頃は東京でも夜空はもっとくっきりして星を眺めていた記憶がある。


97年に会社の友人と大雪山山行を企てたがあいにく雨にたたられ目的のトムラウシ山には行けなかった。雨の黒岳登山を終えた後、北見を抜けて網走にたどり着いたら天候が回復してきた。網走湖畔にテントを張って、一杯やりながら仰いだ空はくっきりと満天の星であった。

網走との相性がよいのか、02年の秋に道東のバスツアーに参加したとき網走のホテルに泊まった時にもきれいな星空が見えた。夕食後、ホテルで星を見るツアーがあるとのことでマイクロバスに乗って出かけた。マイクロバスは駅前の市街地を抜け、能取(のとろ)岬に向かった。

途中から人家はなくなり、真っ暗な道を走り岬の突端まで行った。真っ暗の中、同じように他のホテルから来ている人や個人の車で来ている人がたくさんいた。確かにここは付近に明かりが無いので夜空がよく見える。晴天で天の川もくっきり見えたし、星の数が多いことに圧倒された。


プラネタリウムの話である。

以下は以前読んだ「富士通FIND」に載っていた記事からの抜粋である。

大平貴之(おおひら たかゆき)さんという全く新機軸のプラネタリウムを独力で開発、製作した若者がいる。とにかく小さい時から、プラネタリウム作りに熱中して創意工夫してきた。

以前「違いの分かる男」のどこかのコーヒーメーカーのコマーシャルにも出ていたので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務める東京、お台場の日本科学未来館で最も人気のある施設は「メガスター?U」という実に500万個の星を投影するプラネタリウムである。大平さんが開発した何世代目かのもので、ギネスブックでも「最も先進的なプラネタリウム」と認定されたマシンである。通常のプラネタリウムはせいぜい4万個、8等星くらいまでしか投影できないのに対して、「メガスター?U」は12.5等星まで映し出す。普通は帯状の光で表現する天の川も、すべて実在する星の集合で表現するので、圧倒的な宇宙の広がりや奥行き感が出て来るそうだ。

このようなプラネタリウムの圧倒的な数の星空を見た人の中には感動して、

「隣の彼と結婚したくなりました」という感想を記す人もいたそうだ。

毛利衛さんは「君の作った星空は、僕が宇宙で見た星空そのものだ」と讃えた。

記事を書いた方が云っている言葉であるが、

「技術は人々の生活を豊にしたり、人々の心を豊にしてこそ意味がある」と、全く同感である。

大平さんは、小学生の頃たまたま見つけた夜光塗料を自分の部屋の天井に塗り、明かりを消すと、まるで夜空のように見えた。この体験をきっかけによりよい星空を映し出すことに夢中になり、構造や電源、光源、レンズなどに工夫を重ね独自のプラネタリウムを生み出していった。その努力の結果は、今までに無い全く圧倒的な星空を提供して、見る人をして感動させる世界を創り出した。

技術が人々に感動をもたらせるまでのものになることは素晴らしいことだ。

全ての技術開発が、根に「人々への感動」と結びつくものを持っていたらどんなに素晴らしいことだろう。


伊達の近くのそうべつ公園の山の上にも星空観測の小さな施設があった。この前聞いた陸別の町長さんの話では、陸別町は「星の町」としてアピールしているとのことだ。

この一年妹背牛に何回か出かけているが、晴れた夜に外に出て見上げると満天の星ということがよくある。北海道は星空が美しいところだ。

家々の明かりから離れた所に行けば、割とどこでも近くできれいな星空がながめられそうだ。


◆参考資料 「富士通FIND」Vol. 24 No.4 2006

08-8記
伊達に住む 伊達市のご紹介 きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC