ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達移住者の体験記 > 伊達暮らし21 横浜の旅より伊達を考える(2)
 伊達市に移住をされた方に、日々の様子を綴っていただくコーナー。

 横浜から移住されてきた池田武史さん。
 この1ヶ月は、横浜の旅に出たり、戻って北海道の紅葉をあちこちで見たり、伊達での生活や噴火湾文化研究所での展示会をみたりして、都会と地方都市、文化と自然、北海道の産業などについて思い巡らすことがあったそう。伊達を考える2回目をお届けします。

  横浜から戻ると、10月中旬の北海道は紅葉の季節となってきた。恵庭渓谷、ニセコの山、大滝の散策路や三階の滝などの紅葉の風景を楽しむことができた。
10月は、横浜、東京の都会の雰囲気と伊達のような中規模の街と北海道の自然と、いろいろな体験が入った月だった。自ずといろいろなことが頭を巡る。
 一言で簡単には言い表せないのだが、
 ・ 生活の場 文化豊な都市と自然豊な田園または山林
 ・ 産業や働く場
 ・ 文化的な恩恵と自然から受ける恩恵
などのことが主要なテーマのように思う。これらが、対極にあると見るか、融合すべきかと見るか自分の中にも様々な視点が浮かぶ。

 伊達のような中規模の街で若い世代が子育てをしながら生活していくのは、良い環境だと思うが、一方で若い世代が多く暮らせるような仕事があるのだろうか?


 北海道は自然豊で、広々とした風景が身近に存在するのは、都会生活者にとって羨望であるが、1次産業や観光が働く場の主体となると、都会のような多くの職場がある環境とは異なる。
 こちらに来てTVの北海道版を見たり、知合った方々との話で少し知る程度だが、北海道の農業も海外との競争、後継者不足などあり、「わたしの代でおしまいだ」などという声も聞く。天候や市場の動向などにより、収穫や収入が変動しやすいところは、サラリーマン生活とはまた違った厳しい面がある。
 1次産品に何か“付加価値”をつけないと、北海道に“付加価値分”が残らない。
「新鮮」「おいしい」「安全」という食の基本で優等生であるだけでなく、「加工」「更なるおいしさ」「銘産」というような“付加価値”への踏み出しがもっともっと欲しくなる。
 新たなる市場を創り出すことかもしれないし、いや既に本州勢が作り出している付加価値市場に新しい特徴を持って切り込んでいくことかもしれない。そんなことにチャレンジしていくには、そのシナリオを描く30〜40代の若手のリーダーが必要だ。新しいことを切り拓いていくには心身ともに頑強でかつ柔軟な若い世代がリーダーとなって欲しい。そのために若い有能な人の抜擢を考えていくべきだ。


 市場を調べ、そこで勝つシナリオを描き、自分の思いを語り、人々を引っ張っていく人が居るということが第一義だと思う。その人を中心に、北海道の“付加価値”とは?伊達の“付加価値”とは?については喧々諤々いっぱいディスカッションすれば、知恵は出てくるものだと思う。

 知恵の勝負だから、いっぱい考えるしかない。その時は、わたしたちのようなよそ者の情報も吸い上げればいい。いろんな方がいろいろな場所で経験してきた情報を参考にすればいい。

 例えばである、噴火湾では、鮭やイカやホタテなどの豊な魚介類がとれる。わたしは、企業で茨城の取手事業所に勤務していたことがある。取手にはおいしい奈良漬屋さんがあり、奈良漬を食べた後の粕を鮭の切り身などにぬって粕漬けを作り、数日後に今度は鮭の粕漬けをおいしく食べた経験がある。噴火湾の新鮮な魚介をこの粕漬けに出来ないものかと思った。地域のドッキング作戦である。わたしは、よそ者だからそんなことを思う。もしかしたら伊達の近郊でもおいしい酒粕があり、それを使えば充分なのかもしれないが。都会のデパートに行くと、うやうやしい箱に入った魚介の粕漬けがりっぱな値段で並んでいる。もしかして付加価値を本州勢に取られているのではないかなど思うと残念である。
 もちろん全国の競合に伍して評判を勝ち取るには、本当においしいと認められるものを適正な価格で提供する(コストパフォーマンスに優れる)ことが必要で、一朝一夕で成しえることではない。たゆまぬ研鑽の上であろう。

 厚沢部(あっさぶ)では、数年前から薩摩芋の黄金千貫を栽培して、北海道初の芋焼酎「喜多里」(喜び多き北の里)を創り出した、と聞く。芋の香りがさわやかな飲み心地である。(いま、その焼酎を飲みながら、この文章を認めているのだが・・・)10月に横浜に行ったときも、何人かの方とこの焼酎を飲んだのだが、みなさん「すっきりして飲みやすい」ということだった。(「喜多里」の宣伝はここまで)

 何か付加価値がつけば2次産業が発達して就労の場が増える。いまの北海道の有効求人倍率が全国平均の半分、地域によっては1/4と聞くと寂しい。

この1ヶ月くらいの間の体験から、いろいろと示唆されることがあり、まとまりのない所感を述べてみました。(07.11.10記)

『伊達暮らし22 文化を育む シャーマンコレクション・陶芸展より』へ続く
  
伊達に住む 滞在メニュー きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC