ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達移住者の体験記 > 伊達暮らし19 新雪の山並み
 伊達市に移住をされた方に、日々の様子を綴っていただくコーナー。

 横浜から移住された池田武史さん。
 雪をかぶった大雪山の眺めを楽しまれたよう。また、この原稿を書くためにかかせない、相棒を紹介してくれました・・・。

 
 
 大雪山は懐かしく、優しい山々である。今はわたしにとって、その峰々に立つことはなかなか容易なことではなくなったが、若い頃は特に旭岳からトムラウシ山にかけての表大雪の山々は、一度高い所に上がると高原状の比較的なだらかな場所が多く、夏場は高山植物も豊富でゆったりした気持ちになれるところだった。
 もっともわたしが歩いた季節は、5月の残雪期から10月初旬の大雪山に初雪が降る頃までの穏やかな時だった。厳冬期の大雪山は知らない。
 学生時代の最後に東大雪に行ったときは、帰りの林道で雨に降られたが、雨の林道歩きもまたいいものだ、というようなゆとりがあったように記憶している。
社会人になってからも、会社の友人や家族で何回か大雪山を訪れた。会社の友人との旭岳からトムラウシまでの縦走や、家族での旭岳から黒岳への縦走や、赤岳への登山、そして近々では、2000年にクッチャンベツから日帰りで入り、五色岳からのトムラウシの写真を撮ったり、2004年に一人で、クッチャンベツから入り、ヒサゴ沼の小屋に一泊してトムラウシ山を往復したことなどが、大雪山との想い出として心に残る。


 今年の5月から北海道に来て、何回か美瑛や富良野の丘から大雪山の山並みを見ている。こんなに丘から大雪連峰が一望できたのだ!山の中を歩いている時は、外から眺めるなんてことが無かった。
 長い山並みは旭岳から少し高さが落ちて平らな部分が右に延びる。高根が原、忠別岳、五色岳、化雲岳などの右手、大雪山系のほぼ真ん中に段丘状に盛り上がっているのがトムラウシ山、更に少し間をおいて右手には、オプタテシケ山、美瑛富士、美瑛岳、十勝岳、富良野岳と十勝連峰の山々が連なる。その長い山並みが美瑛の丘の上から、ずーっと一望できる。

 今回10月の後半のこの時期、丘からは白く雪を頂いた峰々が望めた。丘はビートの穫り入れ時期でトラクターが忙しく動き回っている。掘り上げられたビートの塊が小山になって積み上げられている。秋蒔き小麦の緑の葉がかなり成長して、緑の原を成してきている。所々にある森や林や低山の木々は、ちょうど紅葉の季節で、赤や橙、黄や茶色に染まり、あるいは落葉して風景の中に彩を成す。これら近景の向こうに白き山々が空に立つ。
 新雪を被った峰は、陽に当たると真っ白に輝く。初め旭岳方向だけが白く、それより南側の山々は逆光を受け、薄い灰色に煙るがごとき色合いだったが、陽が南に回るにつけ、段々に白き輝きを増していった。

 灰田勝彦の「新雪」の一節が浮かぶ。
  紫煙る新雪の 峰振り仰ぐ この心
  麓の丘の 小草を敷けば 草の青さが身にしみる


 ホクレンの給油スタンドで入手した北海道道路地図「Zig Zag」の富良野のページを見ると、北美瑛の国道237号線の東側に「遥かなる山並みの道」なるロマンティックな響きの道路が美瑛の丘を縫って走っていることを知った。今回この道を走り、途中から丘の上に上がってみた。丘の上はビートや小麦の畑が広がり、山並みがより近く、空が高く広がっていた。


 道路から丘に登るには未舗装の林の中の道を登るのだが、丘に上がると「別世界が広がっている」と感じるほど開放感あふれる景色が広がっている。緑の畑の向こうの青空の中に真っ白な山並みがある。何ともきれいである。左手に旭岳、北鎮岳、愛別岳のグループがあり、真ん中にはトムラウシのゆったり孤高な山塊が、右手にはオプタテシケから十勝岳につらなる連山が全て一望される。夢中になってカメラを持って畑の道をいいアングルを探して歩き回る。

 ちょっと脇道にそれることをお許し願いたい。我が相棒たちのことである。
我が相棒は、こんな畑の轍でぬかるむ道でも頼りになる。ホンダCR-Vは、車高が高く、タイヤも大きめだから轍のところも泥をはねながら乗り越して、農作業の邪魔にならない退避場所まで入り込める。


 もう一つの相棒は、キヤノン EOS Kiss Digitalのデジカメで、これで心置きなくシャッターをバチバチ押して記録していく。

 この映像をウェブアルバムに載せれば、遠く離れた友人、知人にも北海道の風景を共有してもらえる。今回、北海道の風景記録をとるときにいつもお世話になるこの2つの相棒をスケッチして、日頃の活動に感謝の気持ちを伝えたい。

 お昼前には「北西の丘展望公園」にいて、四方のパノラマを楽しんでいた。ここも開放感のある場所で、お腹が空いてきて持参のおにぎりを丘の上のイスのところで食べた。
 空を見上げると、雁の群れがV字型になって渡っていった。渡りの季節になってきたのだ。
 何箇所か動き回り、最後は美瑛のS農場さんの所に車を停めさせてもらい、道路を挟んだ向かいの丘に登り景色を楽しんだ。丘の小麦の緑の斜面の向こうに白き連山がある。やはり白き貴き峰々を眺めると、すがすがしいというか、何とも美しい姿を見せてもらってありがとうという気持ちが湧く。

 佳日、好日、やはり山には雪があるのがよい。 (07.10.31)
伊達に住む 伊達市のご紹介 きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC