ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達移住者の体験記 > 移住体験滞在者インタビュー3
 伊達市に移住体験をされた方に滞在の感想をお聞きするインタビューコーナー。
今回は、初の移住済みの方へのインタヴュー。
 札幌市から移住されたばかりの尾山さんご夫妻は、ご主人が定年を迎えられたのを期に、今年3月、奥様とともに伊達へ移住されました。
 実際に移住されて、半年経った伊達での日々の暮らしや伊達の印象をお聞きしました。

・・・いつから移住を考えていたのですか?
 奥さま 2ー3年前から本格的に考え始めました。札幌に住んで30年ほどになりますが、住み始めた頃はまだまだ山や空き地があって、ワラビなどもあったんですが、だんだん自然がなくなってきた。都会暮らしは便利で楽しいけど、2人とも自然が好きで登山が趣味。もう少し自然に近いところへ移りたかったんです。初めはインドネシアなど海外も考えていたんですが・・・。
 ご主人  定年してすぐ、2人で観光をかねて2ヶ月、車で全国ぐるっと旅行してまわりました。初めに舞鶴までフェリーで行って、そこから九州の最南端まで行ってね、桜前線とともに北上してきたんです。
 奥さま 観光が主でしたが、行く先々でこんなとこに住みたいな、なんて話をしていました。でも、旅行してみて2人とも、本州には住めないなと思ったんです。
 ご主人  3月、4月だったんだけど、暑かった。北海道出身の私たちには、本州の夏はきつい。夏の暑さにまいってしまうだろう、ってね。
・・・どうして伊達だったのですか?


 奥さま きっかけは、ご近所に住んでいた方の親戚が伊達の方で、伊達はいいよ、と聞いたからなんです。これまでは伊達というのは道南へ行くときの通過点、という感じでした。でも、昨年の秋市役所へ行って、伊達市の資料をいろいろいただいてきました。伊達へきたのはその時が初めてです。それから暮れにもう一度来てみました。
 ご主人 山や畑の中の1軒家というような感じでは、田舎過ぎても暮らせないと思っていたんです。都市でもなく、小さな街というサイズが良かった。資料に不動産屋の名簿も入っていてね。その後インターネットで検索していたら、空き家があって、見に行ってみようと思って来たのが2月。
 奥さま その家を見にきて、その帰りにはもう購入を決めちゃったんです。不動産やさんにも平屋の一軒家の物件はなかなかでない、って言われていましたしね。
 (編集部 それで3月末には伊達へ越していらしたのですか!)
 奥さま そうなんです。それからが忙しくて、2人とも痩せたよね(笑)。良かったのは、札幌の家の買い手がすぐに見つかったこと。こちらへ越してくるときには、家も売れ、煩雑な手続きもほとんど終わっていたんですよ。

・・・決め手は何でしたか?
 奥さま 私の移住先の第一条件は、プールがあること。それに体を動かせる、サークルなどがあることでした。札幌では週2回はプールへ行っていましたし、腰痛対策として始めたことで、この習慣はゆずれなかった。
 ご主人 私は畑ができること。それに近くで登山が楽しめることでした。
 奥さま このことは真っ先に市役所へ行って確認したんです。そうしたら、大丈夫、とわかって安心しました。今は、私が市民プールへ行って泳いでいる間、夫は隣のカルチャーセンターのジムに行くんです。1時間半ほど運動したら今度は2人で温泉へ。週に1回か2回はこんな風にすごしています。でも、冬の間は市営プールがお休みになると聞いてびっくりしています。そこまでは分からなかった。冬こそ泳ぎたいのにそれは残念。室蘭市のプールへ行こうか考えています。
・・・実際に来てみての印象は? 日々の暮らしはどんな感じですか?
 ご主人 空気澄んでいて、気持ちいい。水もおいしい。これまで札幌から京極まで水をくみにいっていたんだけど、水道の水でもおいしいと感じます。近所のサイクリングロードをよく歩くのですが、昭和新山に有珠山が見えて、景色が良い。


 奥さま サイクリングロードの途中のちりりん橋で足をとめると、鳥の鳴き声が聞こえてくるんです。よく見ると、何種類もの鳥がいる。本当に贅沢ですよね。実際生活を始めてみると、主婦の感覚からいくと、買い物の時お店が少なくて選択肢が少ないですね。生鮮食料品などの物価も札幌より少し高いな、と感じました。
 ご主人 でも、庭に野菜畑をつくることができました。本を見ながら この夏はトマト・ナスなどいろいろ採れ、ずいぶん楽しみました。今は大根が大きく育って、たくさんあるんです。
 奥さま これからどんどん漬物をつくろうと思っていて、醤油漬けをつくったところです。
 (編集部 スロウライフを楽しまれているようですね。)
・・・伊達の人の印象はどうですか?
 ご主人 今までは、子どもがいる世代が多い住宅地だったのだけれど、今度はお年寄りが多い。周りはみな古くから伊達に住まれている方ばかりで、環境は変わりましたね。ご近所同士みな良く知っていて、しずかで、落ち着いた雰囲気。安心できますよ。
 奥さま 札幌ではカーポートに物をおきっぱなしにしていたらすぐに無くなってしまうような感じでしたが、こちらではそういう心配がないですね。孫が遊びに来て、近くで遊んでいても安心感が違います。自治会にも入りました。近所の方ともいい関係ができて、楽しいですよ。
 ご主人 お花見へいっしょに行きました。「伊達の人になるには20年は住まなくちゃな」と言われました(笑)でも移住してくる人を、受け入れてくださっているように感じます。
 奥さま ストレッチのサークルへ入って、知り合いが増えました。私たちと同じように、移住してきた人もたくさん参加していますよ。

・・・移住を考えている方に何かひとこと。
 ご主人 なんといっても自然がすばらしい。毎日心地よく暮らせ、満足しています。
 奥さま 都市生活から比べると、お買い物ではなかなか選ぶ、ということができないです、でもそれも不便というほどのことはないですね。この自然環境の中にいられるだけで本当に来てよかった、と感じています。



「札幌では雪かきが日課だったので、雪が少なくて寂しくなるかもしれないね」と微笑むお二人。日常生活の中に運動することを組み込まれているお二人の暮らしぶりと、身の回りに広がる自然を楽しんでいる様子が伝わってくるインタヴューでした。
(2006年10月23日 アップデートにて 
      インタビューに基づいてご本人の了承を得て編集しております。)



伊達に住む 滞在メニュー きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC