ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


伊達市のご紹介
伊達市基礎知識

伊達市の基本的な情報をご紹介します。

周辺マップ
アクセスマップ

【 プロフィール 】
伊達市は、明治3年に、仙台亘理藩主伊達邦成とその家臣によって開拓された、北海道では希少な武士の流れをもち、
「伊達」市の名前の由来ともなっています。
また、古くは縄文の史跡北黄金貝塚や平安時代にまでさかのぼることのできる有珠善光寺、また、武家文化や北海道開拓についての貴重な文化財も多く、歴史探勝地として注目されています。また、北海道南西部の噴火湾に面し、北海道でも温暖なことから「北の湘南」と呼ばれています。

【 地勢 】


伊達市は北海道の南西部、道都札幌市と函館市の中間に位置し、南は噴火湾(内浦湾)に面し、東は室蘭市と登別市に、北及び西は噴煙たなびく有珠山、昭和新山をはさみ支笏・洞爺国立公園を有する壮瞥町、洞爺湖町に隣接しています。2006年3月に大滝村と飛び地合併、大滝村は伊達市大滝区へ変わり、新伊達市の面積は今までの約2.5倍の444平方kmに、人口は約2千人増の3万7千6百人になりました。大滝区の北端は札幌市と隣接しています。
 伊達市の地形(大滝区を除く)は、おおまかに見て河川や海岸沿いの平地、その背後の扇状地斜面、丘陵性台地と火山性山地で成っています。北西は2000年と1977年に噴火した有珠山や昭和新山と、北東を幌別山系の分水嶺で囲まれ、噴火湾にむけなだらかな斜面がひろがっています。長流川など数多くの中小河川が流れ、農耕地・草地などの豊かな緑地帯が広がっています。

【 気候・気温 】
 北海道の気候は、年間を通じて気温と湿度が低く、四季の変化がはっきりしています。
「梅雨」はなく、冬は雪が積もり、本州以南に比べ春と秋が短いのも特徴です。ひと口に北海道といっても、面積はオーストリアに匹敵するほど広大なため、大きな地域差が見られます。伊達市は、厳しい冬の期間が長い北海道内では最も恵まれた気象条件をもち、「北の湘南」と呼ばれるほど、暮らしやすい地として知られています。


噴火湾に面しており暖流の対馬海流の影響を受けるため、春の訪れが早く夏・秋はさわやかで快適、初雪も11月と遅く、降雪量が少ない(飛び地の大滝区を除く)過ごしやすい気候です。2004年の最高気温は30.8度、最低気温は零下12.0度で、2005年は最高気温31.6度、最低気温零下12.7度でした。
 恵まれた気候風土を反映し、全道から移り住む人が多く、最近では道外からの移住者も増えています。

【 行政区分 】
 伊達市は北海道中央南部の胆振支庁に属しており、胆振西部地区4市町村(伊達市・豊浦町・壮瞥町・洞爺湖町)の中心都市となっています。
 2006年3月、伊達市と大滝村が合併し、新しい伊達市になりました。大滝村は伊達市大滝区へ変わりました。

【 農業 】
 伊達市の農業は明治開拓以来、先進諸国の知識や技術の先駆的導入により、寒冷地農業を確立し、北海道の模範農業として北海道の初期の開拓に大きく貢献しました。
 その歴史を背景に、恵まれた気象・土壌・地理的条件をいかし、野菜を中心に畑作、水稲、酪農、花き栽培など多角的な複合経営を展開しています。
 とくに野菜は農業の中心をなし、ハクサイ・ネギ・キャベツ、大滝区ではナガイモなど道内有数の生産量を誇っています。道央圏への野菜供給基地として大きな役割を果たしています。

【 水産業 】


伊達市の水産業は噴火湾養殖漁業の要所にあり、ホタテ貝などの貝類の養殖漁業で発展してきました。また、サケの増殖事業では孵化放流技術向上のため、黄金・関内地区に伊達さけ・ます孵化場を設置し、サケの安定的な回帰をはかっています。
 伊達市には、いぶり噴火湾漁業共同組合の伊達支所・有珠支所があり、伊達市街地沿岸の伊達漁港および恵まれた入り江となっている有珠湾をそれぞれ核として前浜漁業が営まれています。
 
【 工業 】
 伊達市では、古くは明治初期から農村工業が盛んで、道央地区新産業都市の指定にともなって工業が活発化し、現在では、地域で生産される農水産物を加工する食品工業を中心に発展してきており、そのほかコンクリート製品製造などが産業の重要な一翼を担っています。
 2つの工業団地があり、北海道縦貫自動車道伊達インターチェンジに隣接する松ケ枝地区中小企業団地、また、伊達長和工業団地があります。伊達長和工業団地付近には、北電(株)伊達発電所があります。

【 商業 】
 


伊達市の商業は、胆振西部地4市町村を商圏とし、市内中心部の網代町、市役所通りを中心として、鹿島・大町・錦町・駅前に商店街が形成されています。
国道沿いは、ロードサイドショップとして、大型のスーパーマーケットやホームセンター、ドラッグストア、自動車販売店、ガソリンスタンド、コンビニエンスストアーなどが出店し、あらたな商圏を形成しています。

【 観光 】
 伊達市は、武士の集団移住により開拓され、北海道内でも独特の歴史をもつまちです。史跡に指定されている北黄金貝塚や有珠善光寺、伊達市開拓記念館など、重要な遺跡や文化財が数多くあることから、歴史探勝地として注目されています。観光施設として、伊達特産の藍をつかって藍染め体験のできる黎明観や、宮尾登美子記念館を中心施設とする、道の駅「だて歴史の杜」や、石器づくりなどが体験できる史跡北黄金貝塚があります。
 また、2000年と1977年の噴火で全国的に知られた有珠山、道内有数の海水浴場である有珠海岸など雄大な景観や自然を擁しており、すぐれた自然資源が豊富です。

 周辺の観光地では、洞爺湖温泉や登別温泉、有珠山・昭和新山などが近距離圏内。函館や大沼公園までは車で約3時間程。ニセコ方面は約1時間半程で行けます。
 また、富良野へは約3時間程。阿寒湖などの道東へは7時間以上、知床方面でしたら9時間程かかる目安です。本当に北海道は広いですね・・・。

【 生活圏 】
 伊達市は人口4万人弱ですが、西胆振(にしいぶり)地域の周辺町村(豊浦町・洞爺湖町・壮瞥町)生活圏の中心地であり、経済圏としては6万人程であるため、人口規模からして大型店なども多く、生活には不自由しません。
 飲食店も手打ちそば屋など、おいしい料理を出すお店が多く、隣町の室蘭市から外食に訪れる方もいるくらいです。
→『心の伊達市民橋本の伊達季節移住のススメ』

 車で30分程走れば人口10万人弱の室蘭市があり、ユニクロ(衣服)やニトリ(家具)、丸井今井(百貨店)、リサイクルショップ店、水族館、映画館やボーリング場、場外馬券場などがあります。
 また、人口180万人程の札幌市へは車では高速道路で約1時間半、一般道で約2時間強程、JRでは約1時間半程で行けます。

周辺マップ
アクセスマップ


伊達に住む 滞在メニュー 伊達移住者の体験記


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2017 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC